スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
土いじり
最近、2ヶ月ほど前、突然に。

園芸に目覚めました。

人生ってなにがどうなるか、わかんないもんですね。
――きっかけはなんだろう?
この夏食べられるものを育てたいなあと云う思いがきっかけなのかなあ?

取り敢えず、年中採れると云う謳い文句が書かれたネギと、大好きな万願寺ししとう、
簡単に育つリーフレタスを植えてみました。
そしたら、ですよ。
なんだか楽しくなっちゃって。
こう、世話をして、その先のこととか想像するとわくわくしたんですよね。

今までの人生の中で、たったの一度も園芸という分野に興味を持てなかった私が。
虫が全般苦手・大嫌いで、
庭のリフォームの際には土を9割コンクリに換えてしまった私が。
それでもまだ(母が好きだったので)存在していた庭の植物やプランターを
全部撤去できればいいのに!と思っていた私が。
突然コリウスの苗を買ってきたんです。
2種類くらいの色がある葉っぱ系の植物に滅法弱い私はコリウスの苗を2種類、
既に植わっててぼうぼうになってたアスパラの前に3苗植えてみました。
なんとなく和っぽい感じを目指しまして。
つい先日、その植えたコリウスを見て
『コリウスにも花が咲く』 と云う事実を知ったほどの園芸無知です。
ちょっと考えれば当然な気もするのだけれど、ビックリしたんですよね、普通に。
おバカちゃんです。
なので 『園芸』 といっても大したことは全くできません。
ただ植物を身の回りに増やしたいなあと、好きな植物を植えて楽しむ程度の感じです、今は。

◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆

ここからは、自分が園芸に目覚めた要因を追って書いてるだけで
覚書のようなものなのです。
たぶん私以外読んでも楽しくないんじゃないかしら・・?
――と思ったので畳みます。

コリウスを植えて数日後
『ユーフォルビア・ダイヤモンドフロスト』
という名前の小さな白い花を咲かせる植物の苗を購入しました。
雪柳やかすみ草のように、白い小さな花がわっさ~って増えたらいいなあと思いまして。
よし、大きな鉢に植え替えよう。
と意気込んで、植物が好きだった母が残して行った土をそのまま植木鉢に入れまして、
植え替えてしばらく水をやって愛でてたのですが、どうも水はけがよろしくない。
鉢から溢れそうになる。
ん~、土を・・・・・どうにかしないといけない気がする。
そこまでは思考が行ったのだけれど、その後どうすればいいのかサッパリわかんない。
取り敢えず文明の利器に頼って調べたわけです。現代っ子らしく。
『園芸 水はけ』 だの 『鉢植え 土』 だのそんなキーワードで。
おお、土っていっても種類とか配分とかがあるんだな!奥深い!と。

――楽しくなって来た頃にもみじが枯れてきまして。
「水、やってへんのやろ」と母に叱られて凹み、
単純に、復活させたいなら肥料をあげればいいんじゃん!?
と名案を思いついた私はずぼらな薄め方をした液体肥料を
これまたずぼらに撒き散らしたわけなのです。
――結果、さらにもみじの枯れが進んでしまいました。
「何でだ?!!!」
対処法としては正解だと思ったのに理不尽だ!と
半分憤りつつ、再び文明の利器に頼ってきちんと調べると――
もみじに肥料はあまり必要がないことと、そもそも肥料をあげる時期を間違えていたことが判明。
そこで初めて肥料にもあげて好ましい時期があることを知って唖然としたわけです。
だって、肥料って云うのは人間で云うビタミン剤のようなものだと。
まさか枯らしてしまったり悪影響を及ぼすなんて思いもしなかったんです。
――もみじは昔から好きな植物だったのでショックが大きく、あちこち調べてみました。
そして他の、コリウスやユーフォルビアのことも調べ直して
植え替えに適した時期があること、土のこと、肥料のこと、
ひとまずそのくらいのことをもう一度頭に入れ直しました。

◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆

自分が無知だということは判っていたのだけれど、
土を購入しに行った先で見つけてしまった
多肉植物の 『黒法師』 と
初心者向けとはいえない 『アジアンタム』
葉っぱの色がツボった 『カラジューム』 の苗を
土と一緒に購入してしまったのです。

購入する際も、携帯から育て方を調べてはいたのですが
帰宅してから植え替えにあたってまた調べてみました。
基本鉢植えでは買わず、ポットのままの苗で購入するので。
特にアジアンタムはちょっと難しいことを知った上で購入したので念入りに調べました。
アジアンタムを増やしたい!!
ふぁっさ~~って、こんもり~って!
その増えた葉の中に手をつっこんで もっふぁ~ってしたい!
そんな変態っぽい野望を抱いてしまったので、土のことも色々考えました。
思えば、土の配分のなんたるかの片鱗をつかんだのはアジアンタムのお陰でした。
それからユーフォルビアも水はけの良い土に植え替えすることができました。
この 『水はけの良い土作り』 というミッションを達成できた瞬間
「土いじり、楽しー!」とモチベーションとテンションがぐんっと上がったのが判りました。
でもまだ、保肥力と保水力が良い按配かは判らないのでちょっと不安です。
アジアンタムは植え替えてすぐ、葉っぱがちりちりになったので今は外に出してます。
室内より、風がよく通る日陰がとっても好さそうに思えたので。
現在ちりちりは止まって青々してるので一安心。

◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆

そして万願寺ししとうの生育が悪かった時期に知った、脇芽を摘むことと
色んな植物の剪定のことも次のミッションとして調べました。
剪定にもやはり適した時期があって。
それを誤ると植物を枯らしてしまうかも知れないらしく。
もみじで痛い目に遭った私は 『剪定』 というワザも覚えたい!と思ったわけで。
そういう植物の生育に関することを調べて実行して我慢してを繰り返すうちに
いつの間にかすっかりハマってしまっていて。

今までは 『趣味の欄』 には本当のことだけれど、
とってもありきたりな 『読書・音楽鑑賞』 としか書けなかったけれど、
ここに 『土いじり』 が足されたわけです。
何で『園芸』ではなく 『土いじり』 なのかと云うと。
園芸にハマったせいで
「なんとなくすきー」程度で一年半前から続けてた陶芸で
「理想の植木鉢を作りたい!!!!!」という野望が湧いてきて、
園芸と陶芸が切り離せなくなってきている感じがすごいので
総合して 『土いじり』 になったわけです。

この突然のブログの再開は、これから
そんな 『植物を育てる生育日記』 みたいになるんじゃないかなあと思います。
土いじりにハマんなかったら、このブログも忘れ去られてて削除されてただろうなあ。
正直、fc2ブログの存在を思い出すまで結構時間かかったもの(笑)
【2012/06/15 09:16】 | 植物 | コメント(0)
<<リーフレタス | ホーム | 京都伏見稲荷神社参詣 1/2>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

Erde~ewige wiederkunft~


         
    Erdeの読み方は「イーァデ」と云い、
  ドイツ語で「大地」や「地球」と云う意味です。
      言霊

        暦

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

  最近の記事

  カテゴリー

  天気予報


-天気予報コム- -FC2-

  ブログ内検索

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。